きれいな髪を保つにはシャンプー選びが大切

公式サイト↓日本唯一!

美髪を目指す人のシャンプー選び

髪

 

美髪とは、ツヤ・コシがあって健康的で、フケや悪臭がない綺麗な髪の毛であるイメージが強いです。
しかし、人によっては潤いを重視していたり、髪全体のなめらかさを重視していたりと、美髪の条件は人それぞれです。

 

美髪を目指すためにシャンプーを変えてみようと思っているなら、自分が求める髪の毛を手に入れるために必要な成分が配合されているシャンプーを選んでみましょう。

 

シャンプーには、大きく分けて3つの種類があります。
「高級アルコール系」「アミノ酸系」「石鹸系」の3種類です。
市販で売られているシャンプーのほとんどは、高級アルコール系です。
泡立ちと洗浄力にすぐれているので、髪の毛と頭皮に付着している汚れをしっかりと落とせます。

 

ですが、強い洗浄力が頭皮に刺激を与えてしまうこともあり、地肌にシャンプーの洗い残しがあると頭皮トラブルにつながりかねません。
髪の毛の油を強い洗浄力で落としてしまう可能性もあるため、普段から髪の毛が乾燥してぱさついている人には向かないかもしれません。

 

低刺激のシャンプーが良いなら、アミノ酸系です。
抜け毛を止める!人気の女性用育毛シャンプーとは?
洗浄力はやや落ちますが、頭皮への刺激が少なく、乾燥を引き起こす心配もありません。

 

 

濡れた髪はダメージを受けやすい

 

シャンプーをした後に、すぐに髪の毛を乾かしていますか?
濡れている髪の毛をそのままにして、自然乾燥してしまっている人は意外と多いです。

 

放置していれば自然に乾くので便利だと感じているかもしれませんが、濡れた髪の毛はダメージを受けやすい状態になっています。
濡れた髪の毛にブラッシングをするのは以ての外ですし、何もせずに放置しているだけでも、髪の毛が傷んでしまう恐れがあります。

 

髪の毛を傷みや枝毛から守っているのは、髪表面に存在する「キューティクル」です。
普段は閉じた状態になっているキューティクルですが、髪の毛が濡れていると開く性質を持っています。

 

キューティクルが守ってくれているのは、髪の毛への外部からの刺激だけではなく、髪の毛内部の水分の蒸発です。
濡れた髪の毛を放置してキューティクルが開いた状態になっていると、髪の毛内部の水分が蒸発してしまい、髪の毛が乾燥してしまう可能性があります。

 

髪の毛の乾燥がぱさつきを引き起こし、傷みや枝毛を増やす原因になってしまうのです。
ドライヤーで髪の毛を乾かせば、いつも通りのキューティクルが閉じた状態になるので、シャンプーをした後にはなるべく早く乾かしてしまいましょう。

 

 

頭皮を健康に保つためのシャンプー法

 

頭皮を健康に保つためには、自分に合ったシャンプーを選ぶだけでなく、正しい方法でシャンプーを行うことも大切です。
シャンプーをするときに心掛けたいのは、「髪の毛の汚れを落とす」ことではなく「地肌の汚れを落とす」ことです。

 

もちろん、髪の毛自体を清潔に保つのも大切なことですが、頭皮の状態が良くなければ健康的な美髪は育てられません。
正しい方法でシャンプーを行って、地肌に付着している汚れをしっかりと落としていきましょう。

 

まず、シャンプーをする前にブラッシングでほこりやごみを取り除き、髪の毛を綺麗な状態にしておきましょう。
次に、シャンプーは使わずにお湯だけで髪の毛と地肌を洗う「予備洗い」をしておきます。
予備洗いをすることで、シャンプーの泡立ちが良くなりますし、ある程度の汚れを洗い落とすことができると言われています。

 

ここまで準備ができたら、普段通りにシャンプーをしていきます。
そして、一番重要なのはシャンプー後のすすぎです。
十分にシャンプーを洗い流し、髪の毛や地肌にシャンプーが残らないようにしましょう。

 

ここですすぎ残しがあると、頭皮トラブルを引き起こす原因となってしまいます。
シャンプーを丁寧に洗い流すことが、頭皮トラブルを予防することにつながります。

 

メイソンピアソン日本正規代理店↓