ヘア用オイルのおすすめ商品

公式サイト↓日本唯一!

ヘア用オイルのおすすめ商品

髪の毛のダメージが気になる時、ヘア用オイルを使用すると良いでしょう。
ヘア用オイルは、髪の毛のパサつきや広がり、ダメージなどのあらゆることに効果を発揮します。
ヘア用オイルを使用した際の髪の毛のベタつきを気にして、オイルを使用したことのない人もいるかもしれません。
確かに付け過ぎてしまうとベタついてしまうかもしれませんが、しっかりと用量を守れば大丈夫です。
髪の毛のダメージを補修する、おすすめのヘア用オイルを紹介します。

 

特におすすめなのは、天然の植物オイルが配合されている商品です。

 

「ジョアンジュ オーガニックニュイヘアオイル」は、天然のオリーブオイルが配合されています。
サラッと髪の毛に馴染む使い心地で、ヘア用オイルによる髪の毛のベタつきが心配な人におすすめです。
「ナチュラルオーケストラ オーガニックホホバオイル」には、天然のホホバオイルが配合されています。
ホホバオイルの特徴は、水分を保持してくれることです。
そのため、髪の毛のダメージが酷くてパサつきや広がりが気になる人におすすめです。
また、紫外線を浴びる機会が多い人にも良いでしょう。

 

その他にも、アルガンオイルやツバキオイルなど、様々な天然成分が配合されているヘア用オイルが販売されています。
それぞれに特徴がありますので、自分の髪の毛の状態に合ったオイルを選ぶと良いでしょう。

 

 

ヘア用オイルの正しい使い方

 

ヘア用オイルは、正しい使い方をすることで髪の毛の様々な症状に効果を発揮してくれます。
ダメージを補修するだけでなく、パサつきや広がりなどにも効果があるのです。
付け過ぎるとベタついてしまう原因になりますので、自分の髪の毛に合ったオイルを、適量使用するようにしましょう。

 

ヘア用オイルを使用するおすすめのタイミングは、お風呂上りです。
お風呂上りなら、清潔な髪の毛に使用することが出来ますよね。
また、濡れた髪の毛はよりダメージに敏感になっています。
ドライヤーで乾かす前にヘア用オイルを使用することによって、水分を逃がさずにキューティクルを補修することが出来ます。
ヘア用オイルを使用する時には、髪の毛に直接付けてはいけません。
適量を手に取り、両手で髪の毛に揉み込んでいきます。
この時、特にダメージの気になる部分に重点的に揉み込むと良いでしょう。
最後に、手のひらに残ったオイルを頭皮〜毛先へと全体に塗ります。
頭皮に塗り過ぎてしまうとベタつきの原因になってしまいますので、気を付けましょう。

 

髪の毛は、毎日のヘアスタイリングなどでダメージを受けてしまいます。
ヘア用オイルの正しい使い方を知って、髪の毛をダメージから守りましょう。

 

メイソンピアソン日本正規代理店↓