美しい髪を作るにはブラシ選びが大切

公式サイト↓日本唯一!

髪の傷みや抜け毛はブラシが原因!

櫛

 

美しい髪の毛を維持していくために、ブラッシングをするのはとても大切なことです。

 

朝起きて髪の毛をセットするときや、お風呂から上がって髪の毛を手入れするときなど、ブラッシングをしている人は多いでしょう。

 

髪の毛に優しいヘアブラシを使用して正しいブラッシングをしていれば、髪の毛の絡まりや傷みを防げますし、頭皮を健康な状態に保てます。

 

しかし、髪の毛にあまり良くないヘアブラシを使用していると、ブラッシングをすることで傷みや抜け毛を引き起こしてしまうことがあります。
美しい髪の毛を維持していくためには、髪の毛に優しいブラシを使うように心掛けましょう。

 

また、髪の毛に優しいブラシを使用していても、ブラシが清潔な状態に保たれていなければ、髪の毛や頭皮にとって悪影響になってしまいます。
ブラシに汚れやフケが付着したまま使用し続けることがないように、定期的に洗うようにしていきましょう。

 

汚いブラシを使い続けていると、それが原因でフケが発生してしまったり、頭皮から嫌な臭いがしてしまうことがあります。
ブラシを購入するときには、洗いやすいブラシであるかどうかもチェックしておきたいですね。

 

 

絶対に使ってはいけないブラシとは

 

美しい髪の毛を維持していくためには、髪の毛に優しいブラシを清潔な状態で使用していかなければいけないことがわかりました。
そこで、ブラッシングに使用してはいけないブラシを知っておき、誤って選んでしまうことがないように気を付けていきましょう。

 

ブラシを使用していて髪の毛のトラブルを引き起こしてしまう理由のひとつが、ブラッシングをするときに発生する「静電気」です。
静電気が発生すると、髪の毛が絡まって引っかかってしまい、傷みや枝毛を引き起こすことにつながります。

 

頭皮にもダメージが加わってしまうことがあるので、静電気を発生させてしまうようなブラシは避けなければいけません。
静電気を発生させてしまうのは、ナイロンなどの素材でできているブラシです。

 

実際に商品を手に取って選べる機会があるなら、そのようなときに商品を手に取って見ながら購入したほうが良いかもしれません。

 

また、最近は100円ショップなどで手軽にブラシやコームを購入できますが、そのような商品も静電気を発生させる可能性があります。
どうしても手軽な価格のブラシを使用したいなら、「静電気防止」などの表示がされている商品を選びましょう。

 

 

美髪のためのブラシ選び

 

では、どのようなブラシなら静電気を発生させずに、清潔な状態で使用していけるのでしょうか?
おすすめのブラシは、毛や木材などの天然素材で作られているものです。

 

ブラシの部分が猪毛や豚毛になっており、持ち手・ピンの部分が木材で作られているブラシなら、静電気を発生させることはありません。
天然素材なので安全に使用できますし、動物の油が髪の毛をなめらかにすることもあるので、ブラッシングをしているだけで美髪を目指せるでしょう。

 

お手入れもそれほど難しくなく、ブラシに付着している髪の毛や汚れを軽く取り除いたら、水ですすいで乾かすだけです。

 

ただし、天然素材で作られているブラシは、お手入れを怠ると臭いが発生してしまうことがあります。
2週間に1回はお手入れをするように心掛けて、ブラシを清潔な状態で保ちましょう。

 

ブラシではなくコームを使用することが多い人は、伝統的なつげ櫛などを選ぶと良いかもしれません。
つげ櫛なら、静電気が発生してしまう心配がありません。

 

コームなら、ブラシに比べて髪の毛や汚れが付着してしまうことが少ないので、ブラシほど頻繁にお手入れをしなくても清潔な状態で使用できるでしょう。
どうしても汚れが気になる場合には、ブラシと同じように軽く汚れを拭き取ってから、シャンプーを溶かした水ですすぎましょう。

 

メイソンピアソン日本正規代理店↓