コームとブラシの違い

公式サイト↓日本唯一!

コームとブラシの違い

コームとブラシはどちらも髪の毛を整えるものですが、どのような違いがあるのでしょうか?

 

コームは、ブラシよりも薄く細身なので、持ち歩きに便利です。
髪形が崩れたらいつでも整えることが出来るので、一本は常備しておくと良いでしょう。
逆毛を立てたりする時にも使えるので、コームはブラシよりもお洒落向きと言えるでしょう。

 

ブラシは、髪の毛にツヤを出しながら整えたり、ドライヤーの際に使用します。
ブラシには様々な種類のものがあり、目的や髪の毛の状態で使い分けることが出来ます。
「クッションブラシ」は、弾力があり使用感が優しいので、髪の毛のツヤを出すのに便利です。
また、弾力があるので頭皮を軽くマッサージすることも出来ます。
頭皮のマッサージは血行促進に効果がありますので、健康的な髪の毛を育てることにも繋がります。
「スケルトンブラシ」は、髪の毛が絡まりやすい人や髪の毛の量が多い人におすすめです。
ブラシの目が粗いので、髪の毛のほつれをほぐすことに役立ちます。
この他にも、ブラシには様々な形状のものがありますので、使用目的に合わせて使い分けると良いでしょう。

 

コームとブラシの特徴を理解して、状況に合わせて使い分けることが出来ると良いですね。

 

 

コームとブラシどっちを重視するべきか

 

コームとブラシはどちらも髪の毛を整えるものですが、特徴に違いがあります。
コームはお洒落のために髪の毛を整えるのに便利ですが、ブラシは綺麗で健康的な髪の毛を保つために役立ちます。
シャンプー後など、普段の髪の毛のお手入れには、ブラシを使用すると良いでしょう。

 

ブラッシングをするおすすめのタイミングは、朝・シャンプー後・夜の3回です。
朝と夜の髪の毛を整える時、ドライヤーと一緒に使用するのはコームよりもブラシがおすすめです。
ブラシは髪の毛のほつれをほぐし、ツヤを出してくれます。
また、シャンプー前にブラッシングをすることで、髪の毛の汚れやほこりを落とし、
頭皮の皮脂汚れを浮き上がりやすくしてくれます。
ブラッシングをしてからシャンプーすることで、より頭皮の汚れを落とすことが出来ます。
さらに、ブラッシング時の頭皮への程よい刺激で、血行を促進することが出来ます。
頭皮の血行促進は、太くて長い健康的な髪の毛を育てることに繋がります。

 

ブラッシングをすることで、髪の毛や頭皮に様々な効果を得ることが出来ます。
ですが、ブラッシングをし過ぎると、摩擦によって逆にダメージを与えてしまうこともあります。
ブラッシングをする回数とタイミングを考えて、髪の毛に良い効果を得たいですね。

 

 

メイソンピアソン日本正規代理店↓