ブラッシング方法解説!

公式サイト↓日本唯一!

正しいブラッシング方法

髪の毛を綺麗で健康的に保つためには、正しいブラッシングを行うことが大切です。
ブラッシングには、髪の毛を整える以外にも様々な効果があります。
髪の毛のほこりや汚れを落とすことや、頭皮の血行を促進することなどです。
正しいブラッシングの方法を知って、より効率の良いブラッシングをしましょう。

 

ブラッシングは、一日のどのタイミングで行っていますか?
一番おすすめのタイミングは、シャンプーをする前です。
シャンプー前にブラッシングを行うことで、髪の毛の汚れを落とすことが出来たり、
頭皮の余分な皮脂を浮き上がらせることが出来たりと、様々なメリットがあります。
シャンプー前の正しいブラッシング方法を知っておきましょう。
まず、毛先からゆっくりと梳かしていきます。
無理に根元からブラッシングをしようとすると、髪の毛が絡まって傷めてしまうことがあります。
髪の毛のほつれが無くなったところで、頭皮にブラシを当てていきます。
あまり強すぎるブラッシングはしてはいけませんが、シャンプー前に頭皮からブラッシングをすることで、
汚れが浮き上がりやすくなります。
また、頭皮からブラッシングをする際には、頭頂部だけでなく後頭部もブラッシングするようにしましょう。

 

ブラッシングをする時の注意点は、強い力でブラシを動かさないということです。
髪の毛が絡まっているからといって、無理にブラシを通そうとしてはいけません。
正しいブラッシング方法を覚えて、髪の毛にダメージを与えないブラッシングを行いましょう。

 

 

ブラッシングはし過ぎてもいけない

 

髪の毛のために、ブラッシングをきちんと行うことは大切です。
ブラッシングを行うことで、髪の毛の汚れを落とし、頭皮の血行を促進させることが出来ます。

 

ですが、ブラッシングのし過ぎは逆効果を生んでしまうことがあります。
ブラッシングをすることで、髪の毛を整えることが出来ます。
そのため、外出先などでついつい頻繁にくしを取り出してブラッシングをしてしまう人はいるでしょう。
また、髪の毛の絡まりはほつれたのに、執拗にブラシを通してしまう人もいます。
ブラッシングをすると、少なからず髪の毛に摩擦が生まれます。
髪の毛を綺麗に整えているつもりでも、実は少しずつダメージを与えてしまっているのです。
もちろん、適度なブラッシングであれば、髪の毛にも頭皮にも良い効果を与えることが出来ます。
ブラッシングをし過ぎないことが大切なのです。

 

ブラッシングのし過ぎを防ぐために、毎日ブラッシングをするタイミングを決めておくと良いでしょう。
朝・シャンプー前・夜の3回に分けてブラッシングをするのがおすすめです。
髪の毛をダメージから守るためにも、ブラッシングのし過ぎには気を付けましょう。

 

メイソンピアソン日本正規代理店↓